定期借家契約物件とは?

一般的な賃貸契約は「普通借家契約」であり、多くの場合は契約期間が2年間となっています。

 

2年経っても住み続ける場合は、契約の更新が必要となります。

 

一方「定期借家契約」は更新がありません。契約期間が終了した時点で住居を明け渡さなければならず、原則としてその後も住み続けることはできません。

 

定期借家契約は再契約型と再契約不可型に分けられ、再契約型の場合、大家と借主とで合意があれば再契約という形をとることは可能です。

 

そうなれば、一度契約が切れたあとでも同じ住居に住み続けることができます。

 

再契約不可型は、契約期間の満了後に再契約ができません。

 

転勤中に持ち家を貸すが、いずれ戻ってくる可能性があるというときなどに利用されることの多い方法です。

 

再契約が不可と予め約束しておくことで、自分の家であるのに入居できないといった事態を防ぎます。

 

借主のメリットは少ないようにも思えますが、期間が限定されているということで通常よりも家賃や礼金が安い物件が多くなっています。

 

進学のために引っ越してきて、卒業後は実家に戻る予定がある、家をリフォームする間の仮住まいにしたい、などといった場合には、定期借家物件を利用するのもよい方法でしょう。