入居時にある傷や汚れを見つけたら

新築の物件でない場合は、入居時に部屋に傷や汚れがあることも多いものです。

 

そんなに気にするほどのものではないからとそのままにしておくと、退去時にトラブルになることがあります。

 

自分が住み始める前からあった傷や汚れであるのに、敷金から負担して直すといわれることも考えられます。

 

入居前に部屋をきちんと確認し、傷や汚れの有無をチェックしましょう。

 

不動産業者や管理会社、大家に立ち会ってもらい、傷や汚れがあったことを確認してもらうとなおよいです。

 

一番よいのは、この時点で修復をしてもらうことですが、それが無理であるのなら、写真を日づけ入りで撮っておきましょう。

 

敷金返還でトラブルになったとき、日づけの入った写真は有効な証拠になります。

 

写真は自分だけで管理すると、日づけの捏造を疑われる可能性がありますから、管理会社や大家にも必ず渡しておいてください。

 

写真の裏に互いのサインを入れておくのもよいでしょう。契約書に、入居前から傷や汚れがあったと書き足してもらうのもオススメです。

 

入居前は何かと気忙しく、傷や汚れの確認などは面倒かもしれません。ですが、この一手間をかけることでスムーズな退居へとつながります。