契約時は慎重に!重要な箇所はよく読むこと

家賃が相場より安い物件には、短期解約違約金が設定されていることがあります。

 

これは、契約期間以内に大挙した場合、違約金を支払わなければならないというものです。

 

契約期間とあわせ、確認しておきましょう。ちなみに、違約金の相場は家賃の1か月分です。

 

また、契約期間が満了した際、更新料や更新手数料がかかるかどうかも見ておく必要があります。

 

見落としていてトラブルになる人がとても多いところです。契約の際にも、あまり説明もされません。

 

どちらも家賃の1か月分が相場で決して安くない金額ですから、注意してください。

 

更新の際、連絡が管理会社や大家からあるのか、こちらから連絡しなくてはいけないのかもチェックしておきましょう。

 

ほとんどの場合は管理会社や大家が連絡してくるものですが、例外もあります。

 

借主側からの連絡が必要であった場合、連絡をしなかったがために契約終了とともに退去とみなされることもあり得ます。

 

退去が決まったとき、いつまでに連絡すればよいのかも見ておきましょう。

 

多くは1か月前までですが、中には3か月前までなどといった物件もあります。

 

連絡が遅れたために家賃を余分に払うことにもなりかねませんから、気をつけたいものです。